スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十回例大祭新刊『world and chronos』

また随分とお久しぶりですA-20です。
早いものでもうすぐ例大祭ですね!
「ゆめかばん」としてはサークル参加していないのですが、今回は合同名義で参加しております。
しかも何とまさかの壁配置!
さらにまさかのスペースNo.「A-20ab」!!
体を張った渾身の出落ちギャグですね。A-20のA-20とは私のことだ。

そして何とか新刊も用意することが出来ました。

world and chronos』


秘封倶楽部合同小説です。短編6編とリレー小説1編の計7編からなる1冊です。「HOTELサクサクジョナサン」とかいうふざけたサークル名ですが中身はまともですよ!
表紙は晴十ナツメグさんに描いて頂きました。素敵!
サイトはつくs弁士Tが一晩でやってくれました。頼りになる兄貴分ですね。惚れてしまいます。

それと分かる人には分かると思いますが、裏のコンセプトは某アレです。要は9つの大きいボタンとか七つの鍵盤とか皿とか叩くと音が出るとか鮭の産卵とか猫好きおじさんとか双子とか三つ子とかギラギラとかコーカサスオオカブトとか無とか再生とか星座とかあれとかあれとか。
ここらへんが分からなくても全然平気ですが、分かる人にはきっと色々楽しめる部分があるんじゃないかと思います。そんな感じ。

それとこんな感じのブックケースに入れての頒布を予定しています。
ケースサンプルsenden

このケースと、また本体にもちょっと特殊加工を施してあるので、是非とも会場でお手にとって見ていただければ幸いです。素敵な仕上がりになってるといいな。

メロンブックス様で委託販売も予定しています。
予約も開始しているようなので会場来られない方は是非に~。

『world and chronos』メロンブックス特設ページ

以下、情報まとめ。

《頒布》

5/26 第十回博麗神社例大祭
東A-20ab「HOTELサクサクジョナサン」

《仕様》
B6/240P/\2000
特殊ブックケース入り

《cover illust》
晴十ナツメグ(○●SH●○

《illust》
しいな(MILK POND
葉月梗(桔梗の花の咲くところ
ツンノスケ(D.B.H.

《editor》
moki(heri/hodie

《text》
旅人M
弁士T
少年A


以上となります。
当日はどうぞよろしくお願いします!
A-20でA-20と握手!!

冬コミお疲れ様でした!

あけましておめでとうございます。A-20です。
先日は冬コミお疲れ様でした。当サークルのスペースにお立ち寄りいただいた皆様、どうもありがとうございました。
当日はあいにくの空模様だったこともあり、外で並んでいる方たちは大変だったと思います……。ここまでしっかり一日中雨なコミケは久しぶりですね。

三日目は彩社長氏のスペースで売り子、もとい買い子などをしておりました。アイマスですよ、アイマス! ここ一年どっぷりハマってます。いおりんかわいい。あさぽんかわいい。

イベント終わって打ち上げ後はさすがに去年みたく旅行に行く体力もなかったので家で紅白とガキ使見てぐでぐでしたり、新年早々BSフジでやってた秒速5センチメートル見て鬱になったりしてました。コスモナウト冒頭のビジュアルワークが大好きです。

そんな感じの新年幕開けですが、早速色々と予定も立ち始めているので、去年より効率的に動いていかなければと思います。さすがに去年は環境の変化に戸惑ったりなんだりであんまり動けませんでした。


さてさて今回の新刊の方ですが、引き続きメロンブックスさんの方で委託取り扱いしてもらっています。現在通販品切れとなっているようですが、会場頒布で余った分を追加で納品しましたので、近いうちに復活すると思われます。会場に来れなかった方はどうぞよしなに~。

メロンブックス様通販ページ

ただこれで手持ちの分がほとんど無くなってしまったので、イベント等での直接頒布をするかはちょっと微妙なところです。
一応ナンバリングタイトルなので(巻ごとのストーリー的な繋がりはあまり無い予定ですが……)今後2巻以降を発行していく中で、もし再販要望が多いようでしたら検討してみたいと思います。でも委託もまだまだ残っているはずなのでそうそう無くならないと思われる……。

大体そんな感じです! あんま更新の無いブログですが、twitterでは割と頻繁に出没してるので生存確認とか近況はそちらを参照くださいな……!
ではでは、今年もどうぞよろしくお願いします!

C83新刊『UN:Re...』

『UN:Re...』
1.The world is all 1
h_04.png

《概要》
『UN:Re...』
旧作『封視科伝』の系譜を継ぐ秘封倶楽部奇譚集・新章。其の一。

『アンリ』繰り返される言葉。
『アンリ』意味の無い言葉。
『アンリ』関係無い言葉。
『アンリ』現実の言葉。
『アンリ』続く言葉。
『アンリ』逆言葉。
『アンリ』言葉。
『アンリ』?


《頒布》

コミックマーケット83 二日目
東カ-10b「ゆめかばん」

《仕様》
A6/184P/\1000
特殊クリアカバー印刷

《イラスト》
鶴(匿名天体)

《ブックデザイン》
carmine(clocknote.)

《収録作品》

1.『The world is all 1』
 ――ある日、世界がひとつになる。
 誰も彼もが空を見上げ、手を繋ぎ、そこには「わたし」しかいなくなる。人類に訪れた平和な時代の物語。
 及びそのパンデミックに巻き込まれたある男性の追憶記、或いは少女たちの他殺劇。

2.『RefeR:NU』
 ――『第四大陸』
 世界で唯一の不可侵領域への渡航を計画する秘封倶楽部。
 ミアズマと呼ばれる有害物質で満たされた砂漠の大陸で視たもの。
 旧人類の遺した永久機関を巡る二人の旅路の物語。

3.『強制選択式マインドリッパー』
 ――「アンリ、答えざる者よ」
 京の都に跋扈する奇妙な通り魔の噂。精神を切り裂く怪人。
 曰く、その名は「選択式マインドリッパー」
 彼、或いは彼女との邂逅に際して課せられたルールは、
 ・質問に対する回答の義務。
 ・間違った回答には凶刃が振るわれる。
 ・質問に対するパスは三回まで。
「それでは問う。――右目か、左眼か、どちらを選ぶ?」
 可能性/選択/可能性/断迷/物語/可能性


サンプル1  サンプル3  サンプル5  サンプル2
サンプル8  サンプル10  サンプル6  サンプル7


《バナー》
banner01.jpg


→Over...

続きを読む

冬コミ新刊出ます!

なんだかものすごくお久しぶりです。A-20です。

えっと、冬コミ受かってスペース頂いております。
二日目東カ-10b「ゆめかばん」です。

そして今回はちゃんと新刊出ます!
前回の夏コミは告知も何もなしに落としててすいませんでした……。
ブログも気が付けば7ヶ月放置……? SNSが無ければそろそろ死亡説も出し尽くされて世間から忘れられていた頃合ですね。

とにもかくにも今年初の、そして一年ぶりのちゃんとした新刊が出るのでよろしくお願いします。
詳細の告知とかはまた後日に……今はただひたすらに眠いのです……。

例大祭新刊『小説』

お久しぶりです。A-20です。
というわけで例大祭の新刊についてですね。ギリギリですみません……。
今回はちょっと色々忙しくていつものような小説本を出すのが難しかったので、少し毛色の変わったものになります。
というわけで新刊表紙。今回は特設ありません!ごめんなさい!


【ゆめかばん例大祭新刊】
『小説』

novel.png

A6/102P/\500
表紙スミ刷り/エンボス加工
頒布スペース/東6ホール き-35b「ゆめかばん」

要は夢とか現とか境界とか学生とかモラトリアムとか音楽とか叩くと音が出るとかお酒とか
ウィルス性胃腸炎とか終焉とかシリーズ物とか〆切とか社畜とかアイドルとか言い訳とか白紙
エンボスとか文庫解説とかあとがき補填とか黒歴史とかあれとかあれとか。



■……はい。この時点で既にお気づきの方もいるかと思いますが、そうです。アレです。思い切ったパロディです。一度このネタをやりたかったんです……。本当は版型もCDサイズにしたかったんですが、あくまで『小説』ということで、一番小説をイメージしやすい文庫サイズです。そのお陰でページ数がかさみました。しぬ。
装丁のほうも元ネタを踏襲して出来る限り再現しました。プロデューサーさん、エンボス加工ですよ!エンボス加工!
実物は少し面白いことになっていると思うので、是非会場でお手にとっていただければ嬉しいです。特に手触りとか。
表紙のイラスト・デザインに関しては「極彩色」の彩社長氏にお願いしました。アレンジがとても良い感じですね。どうもありがとうございます!


■そして肝心の内容についてですが、『小説』と銘打っている割には中身は小説ではありません。
「ゆめかばん」の今までの発行物の目録というか、それらの本一冊一冊に対する解説というか、感想というか、制作時の裏話というか、ライナーノーツというか、そんな感じのものです。うちの既刊を何冊か持ってないとよく分からない内容になっていると思います……すいません。
ただ、一人であれこれと自著について解説するのはちょっと心が折れそうだったので、急遽応援を呼びました。
白上さん家」の白上めりと氏です。二人のしょうもない対談形式になってます。ほとんど、というかこれはもう共著ですね。サクサクジョナサンの悲劇が蘇る。
しかしこのままではあまりにも東方成分が欠如しているし華も無いので、本書においての語り部は、お馴染み秘封倶楽部の宇佐見蓮子とマエリベリー・ハーンとなっています。頻繁に中の人が出張ってきますがお気になさらず……。見なかったことに……。
ちなみに対象作品は、
『秋は穣らず、葉は散りゆく』
『封視科伝(旧版)』
『Merciless Shangri-La』
『珠に瑕』
『シュレディンガーの箱庭世界』
『Maribel in Lotusland』&『Romancer』
『diary』
『World Embryo』
『海藍』
『Ring of The 7 Deadly Sins』
『封視科伝(新装版)』

となります。あとがきが無かったりした本も多いので、その補填の意味でも。
作者の言葉はその作品内に内包せず、こうして外部に独立させるのが望ましいのだ……。

■とまぁ、そんな感じのちょっとした本です。内容が内容なので、委託無しのイベント限定頒布です。部数もいつもに比べてかなり少なめ。
なかなか誰得な本かとは思いますが、過去のうちの本を何冊か読んだことがあるならば、ぱらぱらとでも見てくだされば幸いです。
また、既刊も発掘されたの色々持って行きますので新刊と合わせてどうぞ(ステマ)


以上、新刊告知でした。
それでは当日はよろしくお願いします!

QRコード

QRコード

FC2カウンター

プロフィール

Author:ゆめかばん
次回参加予定
コミックマーケット90二日目
西l-10b「ゆめかばん」

何かありましたらこちらまで連絡どうぞ→yumekaban_t鞄yahoo.co.jp(鞄を@に)

バナー。ご自由にどうぞ。
yumekabanner.jpg

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク(順不同・敬称略)
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。